医療従事者として働くことの大変さ – 大変ながらも、やりがいある仕事

看護師の仕事というのは、一般的なイメージとはかなりかけ離れていることがあります。看護師といえば、「優しい」「明るい」などのソフトなイメージがありますが、実際はかなりの激務の上、それなりに芯の強い人でなければやっていけない仕事です。そのため、看護師になってはみたものの、現場についていけなくなったという事もありがちです。仕事自体もハードなことが多く、中には自分に合った職場を探し続ける「ジプシーナース」もいるほどです。

看護師の転職というのは別段珍しい話ではなく、3・4回と職場を変えている人ことはいたって普通のことです。他の資格職にも言えることですが、看護師など何かの資格を持っている人は転職する際にもその資格を使える仕事を探します。それは当然のことかもしれませんが、それが原因で逆に視野が狭くなったり、理想を求めすぎて職場を転々とする結果になることもあります。

また、看護師は3年目に入ると「新人」を卒業し、今度は新人を指導する立場になります。プリセプターとしての研修を受け、病院内の様々な委員会にも参加したりして一層忙しくなってきます。他の仕事でもそうですが、3年目というのは一つの節目です。仕事にも慣れて自身も安定して仕事ができる時期ですが、同時に「これでいいのだろうか」という迷いが生じる時期でもあります。そのため、3年目で海外に留学したり転職を考えたりする看護師が多いようです。