医療従事者として働くことの大変さ – 大変ながらも、やりがいある仕事

会社を失業してから、安定した職に就きたくて看護師を目指すという人も結構いるようです。資格を取得していれば長く続けることが出来るという確信の元で看護師を目指すのですが、途中で挫折する例も結構あります。
というのは決して楽な道では無いからです。会社を失業して安定を求めて看護師になろうというのは、なかなか甘い考えかもしれません。確かに資格を持っているということは自分自身の身を助けることになるでしょう。しかし頑張って資格を取得したとしても、看護師というのは実際に仕事に就いてからがとても大変な職業なのです。そのことを充分理解した上で資格を取得して看護師になる必要があります。
元から心構えがある人でも、看護師になってみてあまりの仕事のハードさに驚いたり、疲れきって辞めてしまうケースも多くあります。こういった実例があることから、生半可な気持ちで続けられる仕事ではないということを知っておくことが必要です。
中には資格取得までは行かなくても、軽い気持ちで学校に通ってあまりの難しさに資格取得を断念したという例もあります。
「看護師として誰かを助けたい!」という強い信念が持つなければ、看護師になることも続けることも難しいです。