医療従事者として働くことの大変さ – 大変ながらも、やりがいある仕事

患者さんを直接的に治療するのは医師の仕事ですが、患者さんが安心して治療を受けることができるように看護するのが看護師の仕事です。

そんな看護師の仕事をする上で重要なものはたくさんありますが、最後にものを言うのは何と言っても体力です。
看護師の仕事はハードです。特に夜勤や準夜勤は考えている以上に体力が必要です。時間が不規則なため、どうしても体力を維持するのが難しくなります。
体調の不調は仕事にも大きな影響を与えてしまいます。そのため、もしあなたが看護師を目指しているのであれば、勉強ももちろんですが、体調管理の能力を身に付けることも大事です。
もちろんそれは、既に看護師として活躍している人にも同じことが言えます。患者さんの状態によっては、ベッドから患者さんを降ろして車椅子に乗せたり、お風呂の介助で体を支えたりしなければなりません。力の入らない人の体を支えるのは、想像以上に力のいる仕事です。この時に患者さんの体を支えることができなければ看護師は勤まりません。
また、手術に使用する器具などもとても重いものがあります。これらの出し入れやメンテナンスは看護師の仕事です。体力がなければとてもこなすことは難しいでしょう。

体力とは、単に力が強ければ良いというものではありません。場合によっては医師が患者さんを治療している間、保定をしなければならないこともあります。同じ姿勢を長く維持し、かつ力を使わなければならない仕事です。
瞬間的な力ももちろんですが、それを維持するスタミナも必要になってきます。
看護師の仕事は上記の通り、とてもしんどいものです。しかしそうした業務をこなしつつも、上手に疲れを癒していかなければ体が持ちません。
看護師に必要な体力とは、いわば強い精神力を支えるための体の強さであり、スタミナとパワー、そして回復力を兼ね揃えていなければなりません。
まるでアスリートのように思えるかもしれませんが、そうでなければいざという時に適切な行動を取ることができず、深刻な事態を招いてしまうことになってしまうのです。